おかずの横で、「米」もナマから炊飯します!

 古垣:朝食メニューはパンに重点を置いているので、夜は「ごはん」をベースにしています。カレーもあるし、煮付けも、あえ物もあるというふうに、いろんな幅を持たせました。それも一般の方に馴染みのないものだと取っつきにくいので、「肉じゃが」とか「肉豆腐」、「さばの味噌煮」にちょっとナスを焼いたものとか。6種類の自動メニューがあります。

 ――それで、おかずの横で「ごはん」も炊けるんですか!?

 古垣:そう。「ナマゴメにお水を入れたもの」と「ナマの肉や野菜に調味料を入れたもの」を、同じトレイに載せて同時に調理します。カレーであれ、さばの味噌煮であれ、「操作方法」はどれも一緒。「夕食セット」を選んで、ボタンを押していただくだけです。

肉じゃがの準備トレイ。「生のコメ」に水を張ります。肉も野菜ももちろんナマです(画像クリックで拡大)

「ごはん&肉じゃが」ができました(1人分=カロリー:421Kcal、塩分:2.3g)

ごはん&さばの味噌煮&なすのあえ物(1人分=カロリー:360Kcal、塩分:4.1g)(画像クリックで拡大) ごはん&肉豆腐(1人分=カロリー:574Kcal、塩分:1.9g)(画像クリックで拡大)

 それでは、定番メニューの「カレーライス」はどうやって作るの?