松下電器産業「LUMIX DMC-FX100」


松下電器産業
LUMIX DMC-FX100

実売価格:4万7800円
発売日:2007年6月15日


 松下電器産業の「LUMIX DMC-FX100」(以下、FX100)は、コンパクトデジカメのベストセラーシリーズである「LUMIX FXシリーズ」の最上位となる有効1220万画素モデルだ。ほかのFXシリーズと比べ、単に画素数を上げただけでなく、直線的で男性的なデザインを採用したのが特徴である。

松下電器産業のコンパクトデジカメ「LUMIX FXシリーズ」は、曲線を多用した柔らかなデザインという印象が強いが、このFX100は角を強調した直線的なデザインにまとめており、男性的なイメージを感じさせる。それでいながら、ボタンレイアウトや操作性はこれまでのFXシリーズと同じであり、従来モデルからのステップアップにも向いている

 この夏に、撮影シーンを自動判別する「iA(インテリジェントオート)モード」を搭載した「DMC-FX33」「DMC-FX55」などの新モデルが登場したが、このFX100はそれより前にリリースされたモデルのため、iAモードは残念ながら装備していない。

 しかし、28mmからの広角撮影機能や光学式手ぶれ補正機構、最高ISO6400の高感度撮影機能、高精細な2.5型液晶モニターなど、十分な基本性能を備えている。

 ボディーカラーは、ポピュラーなシルバーに加え、シックなブラックとゴージャスなゴールドの3色を用意する。この点も、女性好みのカラーバリエーションで展開するほかのFXシリーズと異なっている。