センチュリーの「弐代目 これが打てるか!」は、文字の印刷がない「ノンプリントキートップ仕様」のキーボード。画面を見て自力で入力しなければならないため、タッチタイプの練習に使うといいだろう。ちなみに、「初代」の「これが打てるか!」は既に生産が終了している。「弐代目」は、キーボード全体がスリムになり、仕様面でも改良が加えられた。

 キー配列は、一般的な112キーボードと同じ作りになっている。付属の変換アダプタをUSBコネクタに装着すれば、PS/2接続にも対応できる。本体サイズは455(幅)×150(奥行き)×29(高さ)ミリ、色はブラックとアイボリーの2種類ある。

キー配列は一般的な112キーボードと同じになっている。日本語キー配列表付シール があるので、万が一迷った場合でも安心だ

 どのキーを打てばよいか迷った場合は、付属の日本語キー配列表付シールを見ればよい。本体が入っている箱の裏にも、ほぼ原寸サイズのキー配列表記が書いてあるので安心だ。「タイピングソフト」を使わなくても、普段からキー操作を覚えられるので、とても実用的である。

(松田 真理)

「弐代目 これが打てるか!」…1980円
・センチュリー http://www.century.co.jp/